スタッフブログ

2015.01.26更新

通常ですと、詰め物や被せ物を作る場合、歯型を取って模型を作るなど外部の歯科技工所に依頼します。
しかし、セレックといわれる最新のセラミック治療であれば、当クリニック内で作っていくため、患者様への負担を少しでも軽くすることができます。

セレックというものは、最先端の3D光学カメラでお口の中を撮影し、そのデータを元に3Dプリンターで被せ物などを作っていきます。
セラミック治療は健康な白い歯を手に入れるだけでなく、歯垢や歯周病菌などの細菌がつきにくいという利点があります。
つまり、お口の中の病気が進行するのを抑えることができるということです。

天然の歯に近い材質でもあり、身体にもよく長持ちするものです。
大阪市だけでなく大阪のあらゆる地域の方たちが、多く来院してくれています。
気軽にご相談ください。

投稿者: 濱本歯科・口腔外科クリニック

side_inq.png