スタッフブログ

2014.12.16更新

当院のインプラント治療は、初診時にレントゲン撮影し、入れ歯やブリッジよりインプラントが合っているかどうかを診断します。
インプラント治療に進む場合はCT撮影し、レントゲンでは見えない骨、歯根の様子などを調べて「どうすれば安全で長く使えるインプラントができるのか診査します。
また手術のため血液及び心電図検査を行います。
歯周病が残っている場合はきちんと治療してからインプラントを行います。

このように時間をかけるのは、急いでインプラント治療をはじめたためにトラブルが起きたり、治療自体が失敗となる事例があるからです。トラブルが起きてからの再治療はより大変ですので、事前にしっかり準備を行うことが大切です

当院は大阪市中心部の交通便利な場所にあるので、他歯科医院からの紹介などで大阪一円から受診される方もいらっしゃいます。
また、できる限り歯の詰め物やかぶせものに金属を使わないように努力を行っております。セラミックを使用したセレック治療もおこなっています。今まで高価であったセラミックの治療が比較的安価で行えるようになっております。

投稿者: 濱本歯科・口腔外科クリニック

side_inq.png