スタッフブログ

2014.07.31更新

以前より、インプラントという言葉を耳にする機会が増えてきてると思います。
入れ歯や差し歯に代わるものとして注目されているインプラントですが、インプラントができないと断られてしまった方もいらっしゃるかと思います。

インプラントを行うためにはあごの骨の量が重要です。
骨の量が十分でない場合はインプラントを希望しても、無理だといわれることもあります。
実際にそのような理由でインプラントをあきらめた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、当院ではそんな方のために、骨再生療法を併用しインプラント治療を行っています。
あごの骨が足りない場合でも、骨を造る手術を行い、骨の量を増やしてインプラントの治療を行うことができます。

他の病院で断られた方も、大阪の当院で一度ご相談ください。

投稿者: 濱本歯科・口腔外科クリニック

side_inq.png