スタッフブログ

2014.07.29更新

インプラントは、今から62年前に骨とチタンが結合されることが発見され、49年前にインプラント治療が行われ広まってきた治療方法です。

当クリニックでは、長期間安定して使うことができるアストラテックインプラントを使用し、失敗しないためにも治療前にしっかりと診断治療計画を立てて、定期的にメンテナンスを続けていきますので、大阪市の方でインプラント治療でお悩みの方は気軽にご相談ください。

また最新の3D光学カメラを使って患者様の歯の撮影をしていき、コンピューターで詰め物などを設計して3Dプリンターでつくっていく、セレックというセラミック治療を行っていきます。

この作業は歯科技工士ではなく歯科医師が作っていくので、安価に治療をしていくことができますので、大阪方面で歯医者をお探しの場合はご連絡ください。

投稿者: 濱本歯科・口腔外科クリニック

side_inq.png